小田急が来春の複々線化に合わせてダイヤ改正するそうです

f:id:vermeerblue60000:20171103122154j:plain

フェルメです。

ようやく小田急の長年の宿願だった、代々木上原~登戸間の複々線化が実現することになりました。最終的な複々線化の区間代々木上原梅が丘間でした。狭隘な場所柄、建設用地を取るのさえ難航したようです。下北沢では、京王井の頭線と交差していて、京王井の頭線の改良工事と同時に実施する形となったようです。

 

代々木上原梅が丘間の構造

この区間では、梅が丘以南では緩行線が外側、急行線が内側を走っているのを、東京メトロ千代田線との直通運転の関係で、内外逆転させて、代々木上原に繋げています。逆転させるためには、平面交差という訳にはいかないので、高低差を付けて逆転させるしかありません。下北沢では上下2層の構造となっていて、以前は容易だった京王井の頭線との乗り換えも、時間を要さねば難しくなったと言えます。

 

・2018年春(今年度3月)のダイヤ改正のポイント

快速急行が新たに登戸停車

小田急線利用者から時々「登戸通過してしまった」阿鼻叫喚が聞こえたのですが、今回の改正で無くなるようです。登戸はJR南武線に乗り換えができますし、所要時間的にも1駅停車したところでそこまで変わらないでしょうから、これは歓迎できるのではないでしょうか。登戸停車で快速急行の利用客が増えるとしても、快速急行の本数自体が平日朝夕で大増発されているので、そこまで心配する必要は無いのではと思います。

 

 

多摩線への快速急行の新設(多摩急行の廃止?)

以前京王相模原線への直通特急準特急の新設の時も驚きましたが、今回の快速急行の新設で京王相模原線に対抗する形が見えてきたような気がします。VOICE STATIONの画像を参考にすると、唐木田行き快速急行が毎時2本、さらに新百合ヶ丘で各停唐木田行きに対面乗り換えで接続する快速急行・急行が4本有り、利便性が向上しているように見えます。京王線調布駅の接続を彷彿とさせます。

運賃面は「新宿~(各線)多摩センター」で比較した場合に、京王が340円、小田急が370円となり、それほど変わりません。国土交通省の交通政策審議会で、小田急多摩線の延伸が「意義ある路線」とされていますから、今回の所要時間短縮も含めて、小田急多摩線の将来および相模原線多摩線沿線の将来を注視していきたいと思います。

 

・平日朝上り・夕下りの大増発

 ・快速急行の増発

 ・千代田線直通「急行」「通勤準急」「準急」「各駅停車」の増発

 ・停車駅の少ない、平日朝上りの「通勤急行」「通勤準急」の新設

今回は単なる増発ではなく、所要時間短縮を含めた大増発なので、ダイヤ改正以後の混雑率の実質的な増減が気になるところです。

・準急の「千歳船橋」「祖師ヶ谷大蔵」「狛江」の停車

準急が新たに3駅を停車駅に加えたためか、通勤準急が新設されています。なお、準急、通勤準急ともに千代田線直通のみの運転となります。

個人的には準急が経堂以南でどちらの線路を走るのかが気になります。

 

・小ネタ:登戸4線化完成!

小田急登戸駅の1番線の整備は長らく行われていなかったのですが、障害となっていた(?)雑居ビルの撤去が終わり、今年度中に完成するようです。登戸駅が4線化するしないでは、列車の運行の自由度が大きく変わるので、喜ばしいことだと思います。

参考:

www.odakyu.jp

tetsudo-ch.com

 

・小ネタ:登戸を通過するのは・・・

特急以外に登戸を通過するのは、以前は快速急行のみでしたが、今回から最上級種別の快速急行が停車するようになり、それ以下の種別もすべて停車するような気もします。ただ、新しい「路線図」を見ると分かるように、平日朝上りの「通勤急行」は例外的に登戸を通過することが分かります。新宿方向なのでさほど影響は無さそう(登戸駅で乗れないだけ)なので小ネタ扱いにしました。

蛇足1:準急の平日夕下りのみの経堂通過は存続しています。

蛇足2:多摩急行(今回廃止)は急行が停車する向ヶ丘遊園を通過し、平日朝夕通過していた経堂には停車していたので、より分かり難い停車駅だったかもしれません。

 

 

以下のリンクの記事を参考にしました。

http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8701_5820170_.pdf

www.odakyu.jp

tabiris.com