読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「星を継ぐもの」が話題になっているので読む前の感想など。

フェルメです。

f:id:vermeerblue60000:20170504164901j:plain

最近ブログをお留守にしていましたが、気が向いた時に書ければと思っています。

「星を継ぐもの」の書評が話題になっていたので、「星を継ぐもの」を読む「前に」

思ったことなどを書いていきたいと思います。

 

SFと聞くと、思い浮かぶのが「スターウォーズ」です。日本の小説だと「日本沈没
は背景知識までは追えなかったのですが、面白く読んだのを覚えています。

ニコニコ大百科のSFの項を見ると、

読んで字の如くScience(科学)とFiction(空想)という要素を含んでおり、いわゆる「空想科学小説」的な側面を持つ物が多い。作者独自の架空の科学技術が登場する作品が多く、異星人との戦いや時間旅行、人造人間などを取り上げた作品もある。(※1より引用)

異星人との戦いを取り上げた映画は、例えば「アルマゲドン」「宇宙戦争」など多くあると思います。大体ハリウッドの映画って巨大宇宙戦艦で来襲するイメージがありますね。その方が映像にインパクトがあるからなのかもしれませんが。

 

その点、バルタン星人は身体を極小にして地球に「来訪」したのでインパクトはないけれど現実的なのかもしれない。巨大戦艦だと燃料費が馬鹿にならない気が・・・。燃料や弾薬、乗組員など巨額の投資を行ってまで、求める物資が地球にあるのかと思うと疑問符が。また今ある文明を破壊するよりも病原体や精神薬などを利用して支配した方が効率的ではないかと。映画に現実性を求めても仕方がないでしょうか。

 

ジュール・ヴェルヌの「海底二万マイル」なども読んだことがありますが、時代が進むにつれ、科学が発展してきたことによって、現実の科学との整合性を取る「ハードSF」というジャンルが生み出されてきたそうです。「日本沈没」はまさにこのジャンルに入るのだと思います。日本の地下で何が起こっているのか、海洋研のメンバーや日本政府などの登場人物で繰り広げられる仮想の「現実」に、当時最新の科学知識が加わることで、よりリアリティをもって小説が展開され、より読者をひきつけます。ちなみに私が東日本大震災を体感したときは、この小説のイメージがありありと浮かんできました。

 

 

 

「星を継ぐもの」のあらすじを読んでみたのですが、どうもホラー系創作サイトの「SCP Foundation」の中のいくつかの作品に似ている気がします。

 

SCPとは、

財団は「SCP」と呼ばれる奇妙な物、現象、生物、場所そのもの等のSecure(確保)、Contain(収容)、Protect(保護)を目的として活動している。

 

財団と呼ばれる組織が現実の科学知識では説明がつかないような、奇妙なものを一般人から遠ざけるために、確保、収容、保護を行っています。「奇妙なもの」は基本的に人類に対して敵対的で、危険度によっていくつかのクラスに分かれるのですが、いくつかは地球存亡クラスのものであったり、相当手に負えないものだったりします。

 

共通の世界観の中で、何人かの著者が「奇妙なもの」について書いています。

 

危険度順に並べると、Thaumiel≧Keter>>>Euclid>>>Safeなのですが、Euclidでも相当危険なものが有ったり、Safeでも取り扱いを間違えると危険なものが有ったりします。

ここまで読むと地球がすぐにでも吹っ飛んでておかしくはないと思う方もいらっしゃると思われるのですが、実はすでに1回は吹っ飛んでいることが作品群の中で提示されています。

 

さて、「星を継ぐもの」に似ている、と思ったSCPですが、

「SCP - 2000(機械仕掛けの神)」「SCP - 2237(代償は常に付き物だ・・・)」の2つです。世界観は同じですが、別々のものと考えて頂いて結構です。

私が簡潔にネタバレするのが嫌な方はこの段階でググってもらった方が良いと思います。あるいはクラスA記憶処理を受ける必要があります。

 

SCP-2000に関してはキリのいい番号を求めた多数の応募者がいたようで、コンテストが行われたよう(※2)で、「機械仕掛けの神」は多数の応募から読者の投票によって選び抜かれた作品になっています。実際読んでいて面白いです。

それぞれ非常に強力な機構を持っていて、財団によって作られたことが分かっています。世界に危機が訪れたときの緊急手段として使われるのも同じです。

 

SCP-2000は簡潔に言えば「世界をやり直す機械」、SCP-2237は「他の惑星を人類が居住していたかのように現実を改変する宇宙船」です。

 

「星を継ぐもの」のあらすじでは「月で5万年前の宇宙服が見つかった」「遺体はどう調べても現在の人類そのまま」とあります。方向性としてはこれらの2つのSCPは近い気がします。もしかしたら発想の元が「星を継ぐもの」だったのかもしれません。

 

近いうちに買って読んでみたいと思います。

 

・参考リンク

※1:「SFとは - ニコニコ大百科

dic.nicovideo.jp

※2:SCP-2000 "Science Fiction" Contest Hub - SCP Foundation