読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性の名前がタイトルの曲を集めてみた。

フェルメです。

今回は久しぶりに聞いてみたい曲を集めてみようと思います。

シャッフル再生をすると、こんな曲が自分の端末に入っていたかと驚くときがあるのですが、皆さんはいかがでしょうか。Soundcloudで自分の好きな曲(Likes)をシャッフルすると、結構前のEDMの曲とかが出てきて、こんな曲もあったなと懐かしく(?)思ったりします。音楽の「レキシ」からすればまだまだ「最近」の曲なんですけどね。

 

・The Lumineers - Angela

www.youtube.com

ルミニアーズはカントリー調の音楽性が現代の音楽とマッチしたような感じのフォークバンドだと思います。まだ数曲しか聞いていないのですが、他にもAngelaやOpheliaなどの女性の名前が付けられた曲があります。

 

Toto - Rosanna

www.youtube.com

1つのバンドやDJのすべての曲が好きだと言えるのは私にとってはJusticeぐらいしか無いのですが、Totoの曲は好きな曲が多いです。全員がスタジオミュージシャンという異色のバンドでテクニックもさながら、音楽性も1980年代を代表するものでした。他にもlea、Pamela、Holyannaなどの女性の名前が付けられた曲があります。ラブソングが多い印象です。セブンで流れている曲は80年代の洋楽が多いと勝手に思っていますが、Africaあたりは流れてもおかしくないんじゃなかろうか。

 

Starship - Sara

www.youtube.com

StarshipはWe built this cityでも有名なバンドです。We built this cityはタイトルやバンド名は聞いたことがなくとも、イントロを聞けば、一度聞いたことがある!と賛同してくれるんじゃなかろうか。教育テレビの天才テレビくんの番組コーナーで、80年代の洋楽をテレビ戦士に歌わせるコーナーがあったと記憶していたが・・・いかに。Nothing gonna stop us nowもこの曲(Sara)も名曲なので、一度は聞いてほしいと思います。

 

Culture club - Karma chameleon

www.youtube.com

最近知ったのですが、ある洋楽和訳サイトで、Karmaとはカルマ(仏典やインドのヴェーダ哲学において使われる用語で、「行いが自分に帰ってくる」因果応報の法則を表した言葉)なんだそうですね。だからcome and go(めぐる)なんですね。ただ単にKarmaとcome and goで韻を踏んでいるのかと思っていました。こんな意味が裏に流れているとは・・・。無知とは怖いですね。

oyogetaiyakukun.blogspot.jp

 

・Arty - Kate

www.youtube.com

Artyはトランスミュージックの代表的なDJ、above and beyond(アバブ・アンド・ビヨンド)が設立したAnjunabeatsで曲を発表していることからも分かるように、プログレッシブ・トランスの曲が多いです。分かりやすく言うならキレイ系のEDMです。

KateはAnjunabeatsの中でも代表曲の1つです。