小田急が来春の複々線化に合わせてダイヤ改正するそうです

f:id:vermeerblue60000:20171103122154j:plain

フェルメです。

ようやく小田急の長年の宿願だった、代々木上原~登戸間の複々線化が実現することになりました。最終的な複々線化の区間代々木上原梅が丘間でした。狭隘な場所柄、建設用地を取るのさえ難航したようです。下北沢では、京王井の頭線と交差していて、京王井の頭線の改良工事と同時に実施する形となったようです。

 

代々木上原梅が丘間の構造

この区間では、梅が丘以南では緩行線が外側、急行線が内側を走っているのを、東京メトロ千代田線との直通運転の関係で、内外逆転させて、代々木上原に繋げています。逆転させるためには、平面交差という訳にはいかないので、高低差を付けて逆転させるしかありません。下北沢では上下2層の構造となっていて、以前は容易だった京王井の頭線との乗り換えも、時間を要さねば難しくなったと言えます。

 

・2018年春(今年度3月)のダイヤ改正のポイント

快速急行が新たに登戸停車

小田急線利用者から時々「登戸通過してしまった」阿鼻叫喚が聞こえたのですが、今回の改正で無くなるようです。登戸はJR南武線に乗り換えができますし、所要時間的にも1駅停車したところでそこまで変わらないでしょうから、これは歓迎できるのではないでしょうか。登戸停車で快速急行の利用客が増えるとしても、快速急行の本数自体が平日朝夕で大増発されているので、そこまで心配する必要は無いのではと思います。

 

 

多摩線への快速急行の新設(多摩急行の廃止?)

以前京王相模原線への直通特急準特急の新設の時も驚きましたが、今回の快速急行の新設で京王相模原線に対抗する形が見えてきたような気がします。VOICE STATIONの画像を参考にすると、唐木田行き快速急行が毎時2本、さらに新百合ヶ丘で各停唐木田行きに対面乗り換えで接続する快速急行・急行が4本有り、利便性が向上しているように見えます。京王線調布駅の接続を彷彿とさせます。

運賃面は「新宿~(各線)多摩センター」で比較した場合に、京王が340円、小田急が370円となり、それほど変わりません。国土交通省の交通政策審議会で、小田急多摩線の延伸が「意義ある路線」とされていますから、今回の所要時間短縮も含めて、小田急多摩線の将来および相模原線多摩線沿線の将来を注視していきたいと思います。

 

・平日朝上り・夕下りの大増発

 ・快速急行の増発

 ・千代田線直通「急行」「通勤準急」「準急」「各駅停車」の増発

 ・停車駅の少ない、平日朝上りの「通勤急行」「通勤準急」の新設

今回は単なる増発ではなく、所要時間短縮を含めた大増発なので、ダイヤ改正以後の混雑率の実質的な増減が気になるところです。

・準急の「千歳船橋」「祖師ヶ谷大蔵」「狛江」の停車

準急が新たに3駅を停車駅に加えたためか、通勤準急が新設されています。なお、準急、通勤準急ともに千代田線直通のみの運転となります。

個人的には準急が経堂以南でどちらの線路を走るのかが気になります。

 

・小ネタ:登戸4線化完成!

小田急登戸駅の1番線の整備は長らく行われていなかったのですが、障害となっていた(?)雑居ビルの撤去が終わり、今年度中に完成するようです。登戸駅が4線化するしないでは、列車の運行の自由度が大きく変わるので、喜ばしいことだと思います。

参考:

www.odakyu.jp

tetsudo-ch.com

 

・小ネタ:登戸を通過するのは・・・

特急以外に登戸を通過するのは、以前は快速急行のみでしたが、今回から最上級種別の快速急行が停車するようになり、それ以下の種別もすべて停車するような気もします。ただ、新しい「路線図」を見ると分かるように、平日朝上りの「通勤急行」は例外的に登戸を通過することが分かります。新宿方向なのでさほど影響は無さそう(登戸駅で乗れないだけ)なので小ネタ扱いにしました。

蛇足1:準急の平日夕下りのみの経堂通過は存続しています。

蛇足2:多摩急行(今回廃止)は急行が停車する向ヶ丘遊園を通過し、平日朝夕通過していた経堂には停車していたので、より分かり難い停車駅だったかもしれません。

 

 

以下のリンクの記事を参考にしました。

http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8701_5820170_.pdf

www.odakyu.jp

tabiris.com

 

フェルメが最近好きな曲をまとめてみる。

フェルメです。すごく久しぶりになります。

・フェルメの近況。

f:id:vermeerblue60000:20171029165550j:plain

夏の間は薄着で過ごしていたのですが、あっという間に寒い時期に突入してしまい、最近では何枚も重ね着しないと震えてしまいます。あの日差しが強かった太陽はどこへ行ってしまったのでしょうか・・・。残念です。

フェルメの近況は、世の中一般の人よりも頑張っていない、ということに尽きます。身バレすることは避けたいのである程度ボカしますが、限りなくニートに近いところにいます。一般の人よりも気力も心も持たず、モチベーションも高くないので、中々頑張れずにいます。ただ今冬に来る試練は頑張ろうと思っています。

ブログも久しぶりに書いたのですが、もし気が向いたら、夏の旅行など書ければと思っています。驚いたのは、これだけブログを放置していたにもかかわらず、アクセス数が稼げていて、合計2000PVを突破していました。

稚拙な文章で申し訳ありません。お読み頂きありがとうございます。

 

・フェルメの好きな曲。

ジャンルには疎いのですが、以前はEDMは普通に聴いていて、一時期はハードコア、Angerfistも聴いていたのですが、最近は落ち着いたテンポの楽曲を好んで聴くようになりました。強い刺激に耐えられなくなってしまったのかもしれません。あるいは流行についていっていないのかも・・・。

soundcloud.com

最近は音楽のストリーミングサービスが流行っているので、もはやスマホに音楽をダウンロードすることなんてほぼ無くなってきているのかもしれませんが、このMixはフリーでダウンロード可能なようです。

自分の好みと合っているので、流し聞きしています。この中でも、

soundcloud.com

soundcloud.com

"Litany - Work This Out"と"Hugh - Direction"は収穫でした。

歌詞は少し聞き取れるくらいで、何の曲なのかはまだ分かっていません。

何を言っているかはともかく、フェルメは女性ボーカルの洋楽が好みです。

(それじゃあダメじゃん)

 

HughはOh Wonderのような男性・女性のデュオですね。

LitanyとHugh、この他にも数曲好きになりました。

 

Oh WonderはSoundcloud上に公式アカウントがあるものの、オリジナルの楽曲がほとんど出ていないので、オリジナルを聞こうと思ったらSpotify等で聞くしか無いのですが。リミックスならSoundcloudだけあって大量にあります。

 

soundcloud.com

"Leo - The Wolf"も良かった。こういう感じの声、曲調、好きです。

Youtubeのリコメンドは結構精度が高いような気がします。Soundcloudにも好きな曲からのリコメンドは有るのですが、イマイチ良い感じではないです。

 

また良い曲を見つけたら、適宜書こうと思っています(1199文字)。

岡崎体育のMVから自分の好きな音楽の種類について考えてみた、など。

フェルメです。

久しぶりにブログを書きます。

最近は暑かったり寒かったりと体調が崩れそうな天候が続きます。

真夏日になった地域もあるようで。

できれば五月のうちは乾いたさっぱりとして過ごしやすい天候であって欲しかったのですが。人間がちょうど過ごしやすいと感じる温度・湿度は微妙なもので、ちょっと暑かったりすると息苦しさを感じたり、ちょっと寒かったりするともう1枚着ようか着まいか悩んでしまいますね。「ちょうどいい」温度に誰かに調節して欲しかったり。

 

音楽を聞くのが好きでも、自分で「気に入った」アーティストやバンドは数えるほどしかいません。自信を持って好きだと言えるのがJustice(仏)ぐらいしかいません。Justiceはほぼ全曲聞いていて、ほとんど自分の好みに合っているのですが、「好きな音楽は?」と聞かれて「JusticeのWaters of nazarethです」と言っても100人中99人に「知らない」と言われそうです。EDMブームの前のDJなので、時代に合ってはいないのですが。ただ「Justice vs. Simian - We are your friends」「Justice - D.A.N.C.E」の2曲は超有名なので、聞いたことがあるという人ならいるかもしれませんが。

 

邦楽だとサカナクションフジファブリックの一部の曲だけ好きで、後は聞いたことがあってもアーティスト名は知らないという曲がほとんどです。歌詞を見ないで歌えるという曲も数えるほどしかという状況なので、カラオケに誘われたとしても、何を歌えば良いのやらという状況です。本当はレパートリーを作っておくべきなのでしょうが。

 

最近岡崎体育の「感情のピクセル」が炎上したという話を聞いて、それについて分析したブログ記事を見たので、備忘録的に書き残しておきます。

shinjihyogo.hateblo.jp

「感情のピクセル」がなぜ一部の人から「特定のバンドのディスりだ」とされたかについては、上の記事を読んで何となくわかった気にさせられたのだが、イマイチ自分では理解できていないので、詳説しない。それよりも

 つまり。音楽は「型」である。その音楽を好きであるということは、その型を好きだということである。(上記ブログ記事より引用)

 という発言に自分で納得した。自分が好きな音楽が限定される理由は、この「型」がいびつな形をしているからだということに気付かされてしまったのだと思う。

 

Justiceのようなエレクトロ・ハウスも聴くし、JacooやCMAのようなChillstepも聞く。そうかと思えばAngerfistのようなハードコアを聞いたり、Oliver HeldensのようなFuture Houseも聞いたりした。

幅広いジャンルにまたがって聞いているようで、そのジャンルを掘り下げて聞くようなことはしていないので、結局は「広く浅く」聞いているのだと思う。

だから80年代の洋楽のベスト盤を聞いていても、それ以外の曲はほとんど聞いたことがないし、聞こうとも思っていないのだ。その一方で自分が好きな新しい曲を探そうとは努力しているつもりなのだ。

ということを思いました(まとまりが無くてすみません・・・)。

 

岡崎体育のMVついでに書き残すと、

岡崎体育 - Natural rips」も見たのですが、あの曲の真価はMVを見ているときよりもラジオや作業中に聞き流しているときに発揮されるのではないかと思いました。あの曲は日本語が英語っぽく読まれることで英語のように聞こえるというのがミソなので、歌詞つきのMVだと言葉が「見える」ことによって音が具体化され、日本語に聞こえてしまうのです。音だけ聞けば英語のように聞こえて「面白い!」と思えると思います。

また普段聞いている洋楽について、意味が分からずにこの曲良いなと思って聞いている曲が、本当はどのような歌詞の内容なのか、本来であれば知っておく必要があるのかもしれないと思いました。というのは「Natural rips」では楽曲がお洒落に感じられても言ってる内容は大したことがない(しかも日本語!)ので、安易に「この曲好きだ!」とは言えないのです。ちゃんと『「日本語が英語に聞こえる」言葉遊びをしているところが面白いよね!』と言えないと。

だからお洒落な音楽のように聞こえても、「Foster the people - pumped up kicks」や「Style council - shout to the top」のような楽曲は注意しなければいけないんだと思います。※両曲とも音楽は良いですが前者は虐待されている少年が大量殺人を犯す歌(翻訳ブログ参考)、後者は労働者階級の悲痛な叫びを謳った歌なので、ただのお洒落な曲とは口が裂けても言えません。

 

ということも思いました。

 

今後好きな曲を忘備録的に書き残すこともあるかと思いますが、お付き合い頂ける方はお付き合い頂ければ幸いです。

 

www.youtube.com

通販番組の宣伝とブログの伝える技術は関係しているのかもしれない、など。

フェルメです。久しぶりに書いてみます。

 

最近BS放送を見る中で、通販番組のCMを見る機会が多いです。BSの民放は地上波に比べて通販やサプリメントのCMが多い気がします。中高年・高齢者をターゲットとした番組(歌謡番組・旅番組・時代劇など)が多いからかもしれません。

 

CMの構成はある程度区別することができます。

・オペレータとお客様との会話形式

・アナウンサーが商品・サービスの説明を行う語りかけ形式

・観衆(サクラ)を集めて商品説明を行う形式

などなどなど・・・。

 

個人的には、1人だけがCMに出演して説明を行う形式よりも、会話の中で商品説明を反復させたり、商品の利点について同意する観衆がいたりした方が、商品について理解しやすいのかもしれないと思っています。

 

通販・サプリメントのCMは自分でツッコミを入れたくなるところがあるので、毎回飽きずに見ているのですが、例えば

・十分にご納得頂けるように抽選で10000名様の方に無料でお配りしております

⇒「十分にご納得頂く」割には抽選で配るの???

・「夜行性のすっぽん」「スタミナ食として有名なすっぽん」「食いついたら放さないすっぽん」

⇒1つを残して2つは栄養食品の効果に関係があるのだろうか???

・1瓶にたっぷり45粒

⇒「たっぷり」の概念には個人差があると思うのですが・・・

 

サプリメントの有効性はともかく、ところどころにツッコミを入れたくなる割には、説明や語り口が丁寧で分かりやすく、買いたくなる衝動も分からない訳ではありません。

商品の効果・特徴をいかに分かりやすく、消費者に訴えるようにCMを作るかという点は、ブログであれば自分の内容をいかに他人の興味をそそるように作るかという点と似通っている気がします。商品はそれしかない訳で、商品にない効果を訴えるのは詐欺ですから、消費者の気をいかに惹くかというのは至上命題になるわけですね。

毎日新しいインプットがあって、それを記事にできるのならそれが理想なのかもしれませんが、そうそう記事にできるようなインプットが毎日あるとは限りません。とりとめもないことをいかに他人に読ませる記事にするかというのが、ブロガーの技術なのかもしれません。

 

例えば、最近みた携帯用のテープレコーダーの通販のCMは、

・小さい中に機能が満載

・携帯用だから持ち運びもラクラク!

・オートリバース機能が付いていてテープを裏返す手間もなし!

・とても使いやすく、お値段は4,800円!

 

オートリバース機能は取り立てて言える機能ではないと思いますし、そもそも高齢者が携帯用でテープレコーダーを使うかというのも疑問です。機械音痴の人はボタンが並んでいて複雑と感じるかもしれませんし、「使いやすい」とは個人差があります。

目新しさが無いのに4,800円とはボッテルなぁ・・・。

 

と私は思ってしまうので、私がこの製品を売り込む側に回った場合は、無理難題を与えられたと思って悪戦苦闘してしまうでしょうね。いかに使いやすいと思わせるか、いかに説明を上手くできるか、いかに商品を買いたいと思わせるかを考えるのがブロガーに必要な技術なのかもしれません。

 

という訳で、これからもマイペースで記事を書いて練習していきたいと思います。

「星を継ぐもの」が話題になっているので読む前の感想など。

フェルメです。

f:id:vermeerblue60000:20170504164901j:plain

最近ブログをお留守にしていましたが、気が向いた時に書ければと思っています。

「星を継ぐもの」の書評が話題になっていたので、「星を継ぐもの」を読む「前に」

思ったことなどを書いていきたいと思います。

 

SFと聞くと、思い浮かぶのが「スターウォーズ」です。日本の小説だと「日本沈没
は背景知識までは追えなかったのですが、面白く読んだのを覚えています。

ニコニコ大百科のSFの項を見ると、

読んで字の如くScience(科学)とFiction(空想)という要素を含んでおり、いわゆる「空想科学小説」的な側面を持つ物が多い。作者独自の架空の科学技術が登場する作品が多く、異星人との戦いや時間旅行、人造人間などを取り上げた作品もある。(※1より引用)

異星人との戦いを取り上げた映画は、例えば「アルマゲドン」「宇宙戦争」など多くあると思います。大体ハリウッドの映画って巨大宇宙戦艦で来襲するイメージがありますね。その方が映像にインパクトがあるからなのかもしれませんが。

 

その点、バルタン星人は身体を極小にして地球に「来訪」したのでインパクトはないけれど現実的なのかもしれない。巨大戦艦だと燃料費が馬鹿にならない気が・・・。燃料や弾薬、乗組員など巨額の投資を行ってまで、求める物資が地球にあるのかと思うと疑問符が。また今ある文明を破壊するよりも病原体や精神薬などを利用して支配した方が効率的ではないかと。映画に現実性を求めても仕方がないでしょうか。

 

ジュール・ヴェルヌの「海底二万マイル」なども読んだことがありますが、時代が進むにつれ、科学が発展してきたことによって、現実の科学との整合性を取る「ハードSF」というジャンルが生み出されてきたそうです。「日本沈没」はまさにこのジャンルに入るのだと思います。日本の地下で何が起こっているのか、海洋研のメンバーや日本政府などの登場人物で繰り広げられる仮想の「現実」に、当時最新の科学知識が加わることで、よりリアリティをもって小説が展開され、より読者をひきつけます。ちなみに私が東日本大震災を体感したときは、この小説のイメージがありありと浮かんできました。

 

 

 

「星を継ぐもの」のあらすじを読んでみたのですが、どうもホラー系創作サイトの「SCP Foundation」の中のいくつかの作品に似ている気がします。

 

SCPとは、

財団は「SCP」と呼ばれる奇妙な物、現象、生物、場所そのもの等のSecure(確保)、Contain(収容)、Protect(保護)を目的として活動している。

 

財団と呼ばれる組織が現実の科学知識では説明がつかないような、奇妙なものを一般人から遠ざけるために、確保、収容、保護を行っています。「奇妙なもの」は基本的に人類に対して敵対的で、危険度によっていくつかのクラスに分かれるのですが、いくつかは地球存亡クラスのものであったり、相当手に負えないものだったりします。

 

共通の世界観の中で、何人かの著者が「奇妙なもの」について書いています。

 

危険度順に並べると、Thaumiel≧Keter>>>Euclid>>>Safeなのですが、Euclidでも相当危険なものが有ったり、Safeでも取り扱いを間違えると危険なものが有ったりします。

ここまで読むと地球がすぐにでも吹っ飛んでておかしくはないと思う方もいらっしゃると思われるのですが、実はすでに1回は吹っ飛んでいることが作品群の中で提示されています。

 

さて、「星を継ぐもの」に似ている、と思ったSCPですが、

「SCP - 2000(機械仕掛けの神)」「SCP - 2237(代償は常に付き物だ・・・)」の2つです。世界観は同じですが、別々のものと考えて頂いて結構です。

私が簡潔にネタバレするのが嫌な方はこの段階でググってもらった方が良いと思います。あるいはクラスA記憶処理を受ける必要があります。

 

SCP-2000に関してはキリのいい番号を求めた多数の応募者がいたようで、コンテストが行われたよう(※2)で、「機械仕掛けの神」は多数の応募から読者の投票によって選び抜かれた作品になっています。実際読んでいて面白いです。

それぞれ非常に強力な機構を持っていて、財団によって作られたことが分かっています。世界に危機が訪れたときの緊急手段として使われるのも同じです。

 

SCP-2000は簡潔に言えば「世界をやり直す機械」、SCP-2237は「他の惑星を人類が居住していたかのように現実を改変する宇宙船」です。

 

「星を継ぐもの」のあらすじでは「月で5万年前の宇宙服が見つかった」「遺体はどう調べても現在の人類そのまま」とあります。方向性としてはこれらの2つのSCPは近い気がします。もしかしたら発想の元が「星を継ぐもの」だったのかもしれません。

 

近いうちに買って読んでみたいと思います。

 

・参考リンク

※1:「SFとは - ニコニコ大百科

dic.nicovideo.jp

※2:SCP-2000 "Science Fiction" Contest Hub - SCP Foundation

女性の名前がタイトルの曲を集めてみた。

フェルメです。

今回は久しぶりに聞いてみたい曲を集めてみようと思います。

シャッフル再生をすると、こんな曲が自分の端末に入っていたかと驚くときがあるのですが、皆さんはいかがでしょうか。Soundcloudで自分の好きな曲(Likes)をシャッフルすると、結構前のEDMの曲とかが出てきて、こんな曲もあったなと懐かしく(?)思ったりします。音楽の「レキシ」からすればまだまだ「最近」の曲なんですけどね。

 

・The Lumineers - Angela

www.youtube.com

ルミニアーズはカントリー調の音楽性が現代の音楽とマッチしたような感じのフォークバンドだと思います。まだ数曲しか聞いていないのですが、他にもAngelaやOpheliaなどの女性の名前が付けられた曲があります。

 

Toto - Rosanna

www.youtube.com

1つのバンドやDJのすべての曲が好きだと言えるのは私にとってはJusticeぐらいしか無いのですが、Totoの曲は好きな曲が多いです。全員がスタジオミュージシャンという異色のバンドでテクニックもさながら、音楽性も1980年代を代表するものでした。他にもlea、Pamela、Holyannaなどの女性の名前が付けられた曲があります。ラブソングが多い印象です。セブンで流れている曲は80年代の洋楽が多いと勝手に思っていますが、Africaあたりは流れてもおかしくないんじゃなかろうか。

 

Starship - Sara

www.youtube.com

StarshipはWe built this cityでも有名なバンドです。We built this cityはタイトルやバンド名は聞いたことがなくとも、イントロを聞けば、一度聞いたことがある!と賛同してくれるんじゃなかろうか。教育テレビの天才テレビくんの番組コーナーで、80年代の洋楽をテレビ戦士に歌わせるコーナーがあったと記憶していたが・・・いかに。Nothing gonna stop us nowもこの曲(Sara)も名曲なので、一度は聞いてほしいと思います。

 

Culture club - Karma chameleon

www.youtube.com

最近知ったのですが、ある洋楽和訳サイトで、Karmaとはカルマ(仏典やインドのヴェーダ哲学において使われる用語で、「行いが自分に帰ってくる」因果応報の法則を表した言葉)なんだそうですね。だからcome and go(めぐる)なんですね。ただ単にKarmaとcome and goで韻を踏んでいるのかと思っていました。こんな意味が裏に流れているとは・・・。無知とは怖いですね。

oyogetaiyakukun.blogspot.jp

 

・Arty - Kate

www.youtube.com

Artyはトランスミュージックの代表的なDJ、above and beyond(アバブ・アンド・ビヨンド)が設立したAnjunabeatsで曲を発表していることからも分かるように、プログレッシブ・トランスの曲が多いです。分かりやすく言うならキレイ系のEDMです。

KateはAnjunabeatsの中でも代表曲の1つです。

 

4月25日の雑記。

フェルメです。

 

桜の季節が過ぎました。

とうに過ぎているという地域もあると思いますが。

フジファブリックの「桜の季節」が聞きたくなります。

www.youtube.com

桜の季節過ぎたら

遠くの街に行くのかい

桜のように舞い散って

しまうのならばやるせない 

 やるせない(遣る瀬無い)とは、思いを晴らす術がない、せつない、どうしようもないなどの意味だそうです。語彙力のなさが露呈してしまった。

ボーカルの志村さんはすでにお亡くなりになっていて、30歳を迎える前に亡くなってしまうのは早すぎるとしか言えません。フジファブリックに志村さんがいた時代と亡くなってからの時代では、前者の方の歌詞にやわらかな世界があって好きです。Youtubeにアップされるような代表曲しか知りませんが、「桜の季節」「赤黄色の金木犀」「陽炎」それぞれの曲の主人公に迷いや躊躇いがあって、例えば「陽炎」だったら

さんざん悩んで時間が経ったら

雲行きが変わってぽつりと降ってくる

肩落として帰った 

 他にも次から次へと残像が思い浮かんだり、やんでた雨に気づいて慌てて家を飛び出したりしていて、主人公が自分と同じような身近に感じられる存在になっていて、魅力を感じているのかもしれません。

 

何かをただ漠然と好きなことを言葉にして表すのがこんなに難しいとは思わなかった。

 

カラオケにはほとんど行かず、行ったとしても自分の声を聞くのがあまり好きでなく、どちらかと言えば下手なのですが、フジファブリックの曲は安心して歌えるかもしれません。志村さんは上手下手の基準で言えば決して歌うのが上手な部類には入らないと思うのですが、特徴的な声だとは思うのです。志村さんの声で歌われたからこそ、心により響いてくるのだと思います。志村さんのLive映像をYoutubeで見たのですが、やはり下手でした。しかし心に響くものがありました。私も下手なので、カラオケで歌う時はそこまで緊張せずに済みそうです。

 

特徴的な声というとPassengerのLet her goを初めて聞いたときは顔と声の印象に隔たりがあって驚いたのを覚えています。少しこもって、優しい感じの声。ただ何というか鼻をつまんで出すような声というのか、とにかく特徴的です。出だしのイントロから想像した声とも違ったのですが、何回も聞くうちにだんだんしっくりときました。何回も聞くうちにしっくりとくる感じが志村さんの場合と似ています。